源发

2
1

ニュース

ニュースの区分

ニュース

あなたの現在の位置:
ホーム
/
/
/
乾陵管理処主任の侯宝軒は第19期五中全会の精神を説いた

乾陵管理処主任の侯宝軒は第19期五中全会の精神を説いた

【概要の説明】11月16日、乾陵管理処主任の侯宝軒は直属支部で第19期五中全会の精神を説いた。説明会には管理処の指導部と直属支部の党員30人余りが参加した。

乾陵管理処主任の侯宝軒は第19期五中全会の精神を説いた

【概要の説明】11月16日、乾陵管理処主任の侯宝軒は直属支部で第19期五中全会の精神を説いた。説明会には管理処の指導部と直属支部の党員30人余りが参加した。

詳細
qianling
 
11月16日、乾陵管理処主任の侯宝軒は直属支部で第19期五中全会の精神を説いた。説明会には管理処の指導部と直属支部の党員30人余りが参加した。
侯宝轩缔めて十九回中全会をテーマに、韓国の新発展段階に入った重大な意味が、有利な条件と重要な特徴、チョン・ウォンギョン目標と「十」時代の2035年、韓国の発展の指導指針、主要目標、重点任務を構築新発展戦略構図の構想と重要なカメラアイに、党の全面的なリーダーシップを続け、各方面の力を動員して「十」の企画と2035年のビジョンを実現するために団結奋闘など4つの目標に解読側に説明した。
侯宝轩指摘し、党の十九回中全会はウリ党が「小康社会」全面完成を目前に控えている、全面的に社会主義現代化建設の国の新たな道が开けるの重要な歴史の瞬間に一回の重要な会議を開き、は、わが国の新発展段階に入る、中華民族の偉大な復興を実現して重要な時期に開かれた会議を一回の総体的な、歴史的な意味を持つ。全体会議で審議・可決された『建議』は、社会主義近代化国家の全面的な建設に向けた新たな道を切り開いて、第2の百年奮闘目標に向けて進出するための綱領的な文書である。をめぐって、習近平総書記は総会での重要な演説を貫く定着全会精神科学で答えた一連の方向性、根本的に、戦略的に重大な問題を創造的に提示した多くの新思想の観点から新という要求に、質の高い発展を推进し、新発展構図の構築、ミルティアデス、全面的に社会主義現代化建設国新勝利を提供した科学の基本指針とに従う。
侯宝軒は次のように要求した。五中全会の精神の学習宣伝貫徹の仕事をしっかりとつかむべきだ。各省庁、各傘下の単位を勉強中全会の精神として理论武装推進重大任務の一つは、リーダーシップの幹部が先頭学、集中を説明、確かめよ特集訓練、勉強中全会を貫徹する精神とより当面の各種の仕事が有機的に結合させ、深く研究を進め、編成のかぎいい「十」計画要綱に、当面のよい仕事。(周柯トウ)

サービス

Copyright 2010 乾陵管理処 著作権所有 住所:陝西省咸陽市乾県城関鎮永泰王女墓院内 郵便番号:713300
電話:029-35510222 35510458 ファックス:029-35510048  
陕ICP13000526号-2
電子メール:tang_qianling@163.com URL:https://www.tangwenhua.com